東京都中央区とは

中央区・・・それは紛れもなく東京の中心である。

 

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 中央区の地域情報

中央区は江戸以来400年にわたって日本の文化・商業・情報の中心として発展してきた由緒あるまちです。

1947年(昭和22年)に、日本橋区と京橋区が統合されて生まれたのが中央区。
旧両区にまたがる八重洲を除き、旧日本橋区のエリアは今も地名に「日本橋」がつきます。
日本橋室町、日本橋人形町、日本橋横山町……老舗店が軒を並べる姿が目に浮かぶのではないでしょうか。

かたや旧京橋区には日本一の目抜き通りである銀座、食文化の拠点である築地、もんじゃ焼の月島と個性ある街が続きます。
実際、区名を選ぶとき、「大江戸区」が候補にあがった土地柄だったのです。

23区の中央にあるから中央区。
しかし、そんな名前だけではないのが中央区の面白いところ。
昼夜間人口比率は千代田区に次いで第2位です。

事業所数は港区に次ぎ、従業者数は港、千代田、中央の順ながらトップ3に並びます。
名実ともに東京の日本の中央として都心3区の一画を担う地区です。

そんな中でも中央区は、日々繰り広げられる実業の中心地でもあります。
わが国の金融取引の中枢である兜町の正しい地名は、日本橋兜町。
銀座、日本橋と言えば、商業の一大中心地です。
まさに日本の経済の中央というシンボルでもある地区です。

小売業年間販売額は23区最大で大型店の年間販売額も新宿区に次ぐ。
さらに、大型店の販売効率(売場面積当たりの販売額)は、新宿区を抜きトップです。
老舗パワーはここでも健在です。

日本橋の卸問屋街と築地の市場に代表される卸売業も負けてはいません。
年間販売額こそ大商社の本社が集中する千代田区に首位を譲るが、事業所の数は23区で最も多い。
また、銀座があるからバー・キャバレーが、築地があるからすし屋がトップといのもうなずけますね。

2000年~05年の人口増加率で中央区は35.7%と、2位の港区(16.6%)にダブルスコアの差をつけるトップの座を飾っています。
政令指定都市の行政区を含む、全国約2000の区市町村の中でも堂々の第1位に輝いた人口増加率日本一なのです。

地価が東京一高い中央区ですが、行政のバックアップも功を奏し、住宅価格はまずまずリーズナブルなレベルに抑えられているのが魅力です。

★以下全国の市・区合計812内の順位★

総人口 122762人 237/812位
人口増減率(2005年/2010年) 124.8% 1/812位
年少人口率(15歳未満) 11.31% 686/812位
生産年齢人口率(15~64歳) 78.64% 11/812位
高齢人口率(65歳以上) 16.38% 798/812位
総面積 10.18km2 804/812位
年間平均気温 16.1℃ 147/812位
年間降水量 1515.0mm 396/812位
年間日照時間 1870.1時間 438/812位

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

サブコンテンツ

このページの先頭へ